イラストで備忘録

日々の想いをイラストに

縛る

スマホ

スマホ。なんだかな〜。道具に支配されているようで。
歩きスマホ迷惑だな。自転車スマホもいる、オイオイ、
危険すぎるだろ。スマホがあれば何もいらないんだろ
うね。
私は勿論持っていませんし、持つ気もない。だって、
知りたい情報もないし、ゲームも嫌い。携帯だってや
めようと持っている次第。
こうやって人間関係を断ち切って行くと本当に楽。メ
ールを送ったら、すぐ返事をしなくちゃならない強迫
観念が嫌だね。言葉は汚いが「テメーの都合に合わせ
ていられるか」って話だよ。
昨今、はやりのアプリで犯罪に巻き込まれたり、いじ
めにあったり、酷い世の中だね。
ポケベルから携帯電話(PHS含む)、ムーバからフォ
ーマ、そしてスマホ。さんざん買い替えさせられた。
便利ではあるが、人を縛る道具でしか無いんじゃない
かと思う日々です。

                         イラストは筆者の作品です。


 

クスクスと

潜水艦

ある人に文字と絵ではどちらが想像力がつくか話した事
がある。その人は文字だと言った。私は絵だと言った。
言葉にできない事はが沢山ある。浦島太郎の動揺歌詞で
「絵にも描けない美しさ」とあるが、絵には出来るだろ
うと突っ込みたい。言葉に出来ないから誤摩化したのだ
ろうと。
明け方起きたのでYouTubeを見ていたら、笑ったら負け
というのがあった。その中で小・中寓学生のテストの珍
回答に思わずクスクス笑ってしまった。一例を挙げると
「No Smoking」を説明せよに対し。
答えは、「日本人の横綱はいない 」だった。
大胆な発想、素晴らしい想像力だ。
テストに間違いや勘違いはあるにしても、意図的に答え
ていているのか、受けを狙っているのかと疑いたくなる
回答もあった。
世の中、この様な人材が育てばノーベル賞ユーモア部門
でも作っていただき、世界平和のためクスクスと笑わせ
ていただきたいものだ。
でも、テスト問題にも疑問符が、ヘタクソなイラストで
ピーマンが正解なのだが、パプリカと書いた答えは間違
いって、出題者の頭こそピーマンじゃないか。

                           イラストは筆者の作品です。
 

焼酎と2品のつまみ

人々

行列のできる… 日本人は行列が好きなんですね。 私?
必要がなければ、絶対並びません。人が集まるところも行
きません。決して天の邪鬼ではなく、面倒なだけんです。
並んでまで、買うもの、食べるものの価値を見いだせない。
人それぞれですから否定はしませんが、 並んでまで何かを
する興味はありません。

行列してまでそれに価値を見いだすには、何が必要なんで
しょうか。情熱、探究心、幸福感、満足感。人それぞれな
んでしょうけど。先日JRの記念SUIKAで大勢の人が列び問
題になりました。うどんブームで人が列び過ぎ、迷惑駐車
に閉店したうどん屋さの話。

こんな事言う私は変わり者ですが、「だからなんなんだ」
的な生き方をしていると、焼酎と2品のつまみがあれば
十分なんです。 

                            イラストは筆者の作品です。 

そこにある脅威

ブログネタ
アメリカ に参加中!
ムスタング

広くて広大な国アメリカ。20年以上前に仕事したことがある。
アメリカのテレビ局事情は(当時)、3大ネットワークとシン
ジケーションと呼ばれるローカル局。
シンジケーションの制作費はネットワークに比べ、半分くらい
しかないが、それでも当時の日本の制作費の2倍以上だった。

当時のレートは1ドル/240円位だったと思う。現在1ドル
/120円とすると同じくらいの制作費になったのだ。(アメ
リカも昔の制作費ではないだろうが)そしてケーブルテレビ。
マーケットの大きさが分かる。

自分は仕事していてあまり好意を抱けなかった。何なんだろう
その要因は。合理的すぎるからか? それともビジネスしか考
えてないからか?
とにかく私には合わなかった。政治的な事は知らない。今の社
会情勢を見ているとアメリカの迷走ぶりが面白い。別にアメリ
カを否定する訳ではないが、アメリカも自分の価値観を押し付
けるだけではなく、片手で握手、片手でぶん殴る。こんな態度
はでなく、殴られる人の痛みを感じる国になってほしいものだ。
でななければ脅威は去らないんじゃないか。

                               イラストは筆者の作品です。



桜と自分

スニーカー

桜の花が散って雪が積もったようになっている。以前に弘前
の桜を見に行ったとき、桜の満開のピークは過ぎていたが、
落ちた花びらがお堀一面に、見事な花筏の風景だった。
椿などは花びらが変色してボタット落ち、余り奇麗名イメー
ジは無い。
日本人は桜の散り際の見事さに感情移入するが、思うに潔さ
のことなんでしょう。往生際が悪い、諦めが悪い。他人に対
しては良い使われ方をしないが、自分自身に対しては良い言
葉では無いだろうか。潔くない自分、諦めない自分が人を育
成させる。「諦めたら試合終了」ってどこかで聞いた言葉だ
が。
イラスト描いてて、もうこの辺でいいかと思い見直す。なん
か変! 修正するがまた変。修正の深みにはまる。
でも、完璧に納得できる作品なんて、そうそうある物ではな
いんです。だから自分を育成させているんです。

                             イラストは筆者の作品です。
 

夜


新聞を読まなくなった。細かい字を見るのが辛くなった
のと記事の内容が信頼できるのかという疑問も生じた。
昔、新聞で取材されたことがあった。記者は若く、社旗
をはためかせたハイヤーに乗ってきた。
当時から新聞は「インテリが作りヤクザが売る」と言わ
れていたが、最近は「闇の世界が作り」に変わって来て
いるのかと疑いたくなるからだ。
情弱って言葉があるが、情報に扇動されるよりは情弱で
も良いのではないのか。くだらない情報が多すぎる。ど
こが食べ物が美味しいとか、ボリュームが凄いとか。
ある焼酎が幻の焼酎と言われた事があった。航空会社が
路線利用してもらうため仕掛けたのだという噂もあった。
その地域に行ったとき、ホテルの裏の小さなたこ焼屋の
店頭にその幻があった。
情弱で何が悪い、この世で一番強いのは、私のような情
報に暗い無知が強いのだ。

                          イラストは筆者の作品です。
 

詰めが甘い

こだわり

今日は描くという事の話。さて、自分の絵には個性が無い
ことは以前書いた。それは仕事に応じて描くからで、好き
で描いている訳ではないからです。 
デザインしてるとスペースや説明的なものが生まれるから
穴埋め目的なんです。一応資料を見ながら書きますが、現
物を見ないで描く場合が多い。ディテールは掴めるが、細
部は想像で描く、だからいい加減な絵しか描けない。
難しいのは花などのきちっと形が無いものやイメージなど。

それって人生に似ていませんか?
自分の人生なんてイメージはあっても形は無い。想像しな
がら生きているんです。「タラレバ」ああしていレバ、こ
うしていタラ。思うように行かない人生、描こうにも未来
予想図は描けないもんなんです。

さて、ディテールは掴めるが細部は想像で描く、だから、
いい加減な絵しか描けない。これって自分の人生そのもの
なんですね、そう、詰めが甘いんです。

                            イラストは筆者の作品です。
        
ギャラリー
  • 縛る
  • クスクスと
  • 焼酎と2品のつまみ
  • そこにある脅威
  • 桜と自分
  • 闇
  • 詰めが甘い
  • 椿事(傘の花)
  • 配慮
アーカイブ
  • ライブドアブログ